FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First Route Epilogue

暗い暗い部屋
そこには3体の石像があった。
舞踏家:ななかの彫像
僧侶:由夢のブロンズ像
剣士:音姫の黒曜石の像
それぞれ大事そうにガラスのケースの中に入れられて保存されている。

どこからか声がする。

「おめでとう。これでFirst Routeクリアだ。君は3体の美少女の像を手に入れたことだろう。
これらは大事に取っておくが良い。そしてそんな君にはこのルートのクリアの証として以下のキーワードを与えよう」

『U』

「このキーワードが後々役に立つかどうかは作者がきちんと全部書ききれるかどうかによるので過度な期待はしないでおいてくれ。それではサラバだ!」

~クリアおめでとう!~
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

真っ先にこの選択肢を選んだあなたは固めフェチ失格です

ななか:「くらえ、崩山彩極砲!」
由夢:「エターナルフォースブリザード!」
音姫:「アバンストラッシュ!」
杉並:「ぐわあああああっ!」
音姫、由夢、ななかの手によって魔王杉並は倒された。
そして世界は平和になった。


――――BAD END――――


義之「なんでだよ!?」
杉並「ふん、美少女が固まらない終わり方のどこがハッピーエンドか!」
義之「それは固めフェチにとってはそうかもしれないけどよ……」
杉並「というわけだ。最初からやり直せ。この屑が!」
義之「ええーーーっ!?」


>最初に戻る

TRUE ROUTE

「ふんっ!」
杉並が手をかざした瞬間、音姫たちの体が不思議な力によって動きを止めた。
「えっ!? 体が動かない!?」
「な……なんですかこれ!?」
「杉並君。何するの!」
「ふはははは、これからお前達をそれぞれふさわしい方法で固めてやる。まずはそうだな……白河だ」
杉並はななかの前に降り立った。
「お前はそうだな……そのスタイルを生かして彫像になってもらおう。」
「えっ!?」
「さあ……くらえ!」
杉並が手をかざすと、そこから白い粉が大量に噴出した。
それは次々とななかの体に降り注いでいく。
「あ……冷たっ!」
白い粉を浴びたななかの体が、粉に包まれ白く染まっていく。
「はははは、お前はこれから体の芯まで彫像になるのだ。」
「そんな……うっ」
苦悶の表情を浮かべるななか。だが、体は謎の力で固定されており動くことが出来ない。そのままどんどんななかの体は白くコーティングされていった。
「さて、仕上げだな」
「あああっ……」
杉並はななかの顔に思い切り粉を噴射した。
ななかの目を、口を、髪を……白い粉が覆っていく。そして
「完成だ。」
「ななかちゃん!?」
「そんな……白河先輩……」
そこには一体の彫像が完成した。白河ななかの彫像だ。
格好こそ最初のままで勇ましいが、その表情は片目を閉じ、苦しそうなものだった。
真っ白に染まり完全な彫像となってしまったななかはピクリとも動かない。そんなななかを見て音姫と由夢の顔にも絶望が浮かんだ。
「さて、次は朝倉妹だ。お前はブロンズ像にしてやろう」
「そんなっ!?」
パチンと杉並が指を鳴らした。
すると、由夢の上からカプセルが下りてきて、由夢の体をすっぽり包んだ。
「さあ、今回は服は溶かさないで置いてやる。心置きなくブロンズ像になるがいい。」
「いやああああっ!」
ぷしゅーっ!
とカプセルの中にガスが充満する。
由夢の姿は瞬く間にガスに包まれ見えなくなってしまった。そして
「おお、出来たな」
カプセルが開かれた。
「そんな、由夢ちゃんまで……」
そこには、ブロンズ像と化した由夢の姿だ。杉並にポーズを固定されていた為、ななかと同じく格好こそ良いがやはり苦悶の表情だ。
ななかの彫像と由夢のブロンズ像。こうして二つの像が出来上がった。あとは……
「生徒会長。あなただけですね。」
「ううっ……」
「あなたはオーソドックスに石化と行きましょうか。だがただの石化では面白くない。あなたは黒く光る黒曜石になっていただこう。」
「い……や……」
杉並の目が光った。
ドクン、と音姫の胸が一際大きく脈打った。
そして、音姫の体がスウッと変化していく。暖かな色が消え、一様に黒く染まっていった。そして
「あっけないな」
そこには、黒曜石の像と化した音姫がいた。
茶色い髪も、白い肌も一様に黒く染まっている。
全身で艶やかな光を放つ音姫の像は、美しいという他無かった。
「ふはははは。全滅だな。」
杉並は目の前に並ぶオブジェたちを見やる。
舞踏家:ななかの彫像
僧侶:由夢のブロンズ像
剣士:音姫の黒曜石の像
どれもまるで美術品のように美しかった。
魔王に破れ、ただの像と化した少女達。永遠に彼女達が動き出すことは無い。
「さてと、後はこれを保管庫になれべれば終わりだな。……ふは……ふあはははははは。」
杉並が大きく笑った。
音姫たちはただ、オブジェとしてその笑い声の中佇んでいた。


>エンディングへ

凍える吹雪

「くらえ、『凍えるふぶき』!」
杉並の手から冷たい風が吹き出した。
「うわっ!」
「きゃっ!」
「くうっ!」
その風が音姫たちを飲み込んでいく。
「ふははは、この風は胸の小さなものから固めて行くぞ。」
「そんな……あっ……」
パキン
「お姉ちゃん!?」
「ふははは。早かったな。」
音姫が一瞬で凍り付いてしまった。
驚きの表情を浮かべ、目や口を大きく見開いたまま一瞬で氷像になってしまったのだ。
「さて次は……」
「く……ああっ……」
パキン
由夢は凍結してしまった。
目を必死に閉じ、身を抱えながら寒さに耐えようとする格好で固まっている。
だが、その華奢な体ではこの吹雪には耐えられなかったようだ。
「さて、最後だな。」
「うう~っ」
ななかは必死に吹雪に耐える。
「はっはっは、頑張るな。ならこれでどうだ。」
杉並の手が上げられる。すると、ななかの目の前に氷柱が出現し
「行け。」
ズシャッとななかの胸を貫いた。
「あ……」
ぽかんとした表情になるななか。そして
ピキピキピキィ
氷柱の刺さった場所から、一瞬でななかは氷に覆われてしまった。
その旨に氷柱を突き刺したまま氷像となってしまったななかは、少し仰け反った体制で、固められた時と代わらぬ呆けた表情で固まっていた。
「はっはっは、他愛ないな。白河。」
杉並の声にも、完全に凍り付いてしまったななかは反応することは無かった。
「しかし、少しやりすぎてしまったかな。」
杉並は『凍えるふぶき』によって一面銀世界となってしまった王宮を見回した。
「まあそのうち溶けるだろう。俺はもうしばらくこの氷像でも眺めているかな。」
杉並はドッ、と玉座に腰を下ろすとその氷の宮殿の中央で氷像となって輝いている音姫たちを見下ろすのだった。

彼女達の冒険は終わってしまった。

>最初に戻る

永久石化

「くらえ、『永久石化』!」
杉並の手から灰色のブレスが放たれた。
それは瞬く間に音姫たちを包み込んでいく。
「うわっ!」
「きゃっ!」
「くうっ!」
パキ……パキと音姫たちの体が石へと変わり、服も石と化したところからボロボロと崩れていった。
「この石化魔法は生半可なものではないからな。そう簡単には解けないぞ。」
はっはっは、と杉並が笑う。
「さあ、永久に石像として我がコレクションの一つとなるが良い。」
「クッ……」
ななかが舌打ちをする。
「あ……ああっ……」
由夢が悲鳴を上げた。
すでに石化は腰まで及んでおり、パンツも砕け、その恥ずかしいところが露わになっていた。
「まさか杉並君がこんなに強いなんて……」
「ふん、ラスボスでいきなり全体石化攻撃を使われてゲームオーバーなんぞ良くある事だろう。」
パキ……パキ……なおも石化は進む。石化は胸まで進み、音姫の……由夢の……ななかの胸も露わになってしまった。
「さあ、終わりだ。」
「ああっ……」
音姫が
「や……ぁ……」
由夢が
「そんなあ……」
ななかが
パキィ
小気味良い音を立てて、完全な石像になってしまった。
「はっはっは。他愛ないな。生徒会長殿。」
杉並は石と化した音姫を見下ろして言う。
「石になってしまっては何も出来まい。さて、家来どもよ。この石像たちを運んでいけ。」
杉並の命令に家来の悪魔が音姫たちの石像をえっちらおっちら運んでいった。途中何度かカラン、と音を立てて石像を落としていたのが気になったが……
「ふん、まあいい。次の犠牲者は誰かな。」
杉並は玉座に座りなおすとにやりと笑った。

彼女達の冒険は終わってしまった。

>最初に戻る
Next Page »

ついたー

冷やしtwitterはじめました。

プロフィール

七月

Author:七月
七月(ななつき)といいます。
固体少女様にて稚拙な文章を投稿させたりなんかしていただいてます。
時間がありましたら暇つぶしにでも見てやっていただけるとありがたいです。

好きな漫画(ラノベ)、アニメ:魔法少女リリカルなのはシリーズ、ながされて藍蘭島、とある魔術の禁書目録、C3、ソウルイーター

好きなゲーム:東方project、夜明け前より瑠璃色な、BALDRSKY、SO3、SO4、サモンナイト3

最近好きなアニソン(ゲーソン):沈黙の空、jihad(BALDRSKY)、only my railgun(とある科学の超電磁砲)、Refrain(プリンセスうぃっちぃず)
連絡などございましたら以下のメールフォームへ
http://form1.fc2.com/form/?id=490964

ただ、僕は結構メールを放置する癖があるので、もし連絡が遅くなったらごめんなさい。

入室情報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。