FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクその1

リク作品その1出来ましたー。
今回はEOEのリーンベルの凍結です。
シチュとしては極寒の地に一人で向ったリーンベル。
そこで見つけた箱を開けると・・・
と言った感じです。
あんまり長くはありませんが、よろしければ続きよりどうぞー
ちなみにこの動画を見ておくと原作知らない人でも大体のキャラがわかりますww




バーゼル7階層 シルバーキャニオン
別名「冷凍庫」と呼ばれるこの極寒の地でリーンベルはさまよっていた。
「何で私一人でこんなところにいるのよ・・・」
ことの始まりは今日の午後、とあるカーディナルからの以来が舞い込んできたのだ。
差出人はバーバレラ。あの大食いの巨乳の女性だった。
リーンベルはヴァシュロン伝手に依頼の内容を聞いただけだったが、それによるとリーンベルただ一人でこのシルバーキャニオンに保管してあるワインを取ってきてほしいとの事だった。
「何で私一人なのかしら・・・」
色々と疑問は残るがまあ依頼なら仕方が無い。
それにリーンベルとしても、何時までもヴァシュロンやゼファーに頼っているだけではいけないと思っていた。
これくらいの任務、一人で果たさなければ。
「うう・・・寒いよう・・・」
それにしても寒い。
年中雪に閉ざされている場所だけあって、凄まじい寒さだった。
「このままじゃ私・・・凍っちゃう・・・」
早く依頼を終わらせて帰ろう。
そうリーンベルが思った時。
「あ・・・あった!」
リーンベルが一つの箱を見つけた。
「えーっと・・うん。この箱で間違いないわね。」
事前に言われていた、ワインの入っている箱の特徴を確認するとリーンベルはゆっくりと箱を開いた。
「ふう・・これで帰れるよ・・・」
後はこの中に入っているものを持っていくだけ。依頼の完了にリーンベルは安堵した。だが次の瞬間
プシュー
「きゃああっ!」
箱から急に冷凍ガスが噴出した。
ガスは瞬く間にリーンベルの全身を包み込んでいく。
「あ・・・」
パキパキ・・・ピキィ
ガスに触れたところから瞬時にリーンベルの体が凍り付いていき、何が起きたのか理解する間もなくリーンベルは凍結してしまった。
指先から、髪の毛一本にいたるまで全身隈なく真っ白に染まったリーンベル。
驚きに満ちた目は氷に覆われ焦点を失っており、口は微かに開かれたまま動きを止めている。
リーンベルは箱をあけ、ガスを浴びた瞬間のポーズで固まってしまっていた。
氷像となったリーンベルは、あのガリジャーノンが作った彫像にも負けず劣らずの美しさを秘めていた。
「さて、どうですかな。ウチのNo1ガールは。」
「うぅ~ん。流石ね~。あむっ。」
そんな物言わぬ氷像となったリーンベルの姿を見ながら会話する人物が二人。
「はっはっは、そうでしょう。あのガリジャーノン殿もお気に入りの娘ですから。」
全身防寒具に身を包んだヴァシュロンと。
「あいつの像のセンスは最悪だったけど~。ゴクン。この娘は綺麗ねぇ~。はむっ。」
この極寒の地で優雅に食事を取っているカーディナルの一人、バーバレラだった。
実は今回のバーバレラからの依頼は、リーンベルの氷像を見ながら食事がしたい。とのことだったのだ。
なので、リーンベルを騙してここまで来させて凍らせたのだ。
依頼は成功。リーンベルは冷凍ガスを浴びてカチンコチンに凍ってしまっている。
「やっぱり自然体が一番綺麗よぉ~。ほら、まるで氷の美術品みたい~。うぅ~んっ、食が進むわ~っ。はむっあむっ。」
「それはよかったです。というか・・・寒くは無いのですか?」
この寒さにかかわらず、普段着のままのバーバレラにヴァシュロンが言う。
「あら~ぜーんぜん。」(ボインボイン)
(流石肥えた土地は違う!)
と、豊満にゆれる胸を見ながらヴァシュロンは思った。
「ところで・・・うちの娘は何時ごろ返していただけるので?」
「食事が終わったら返すわ~。シャリシャリ。」
「そうですか。分かりました。」
そう言ってヴァシュロンはその場を後にする。
(食事が終わったら・・か。)
一体何時になることやら。
とりあえず、このままじゃリーンベルは風邪ひきそうだから事前に風邪薬を調達しておこう。
そんなことを考えながらヴァシュロンは薬品貯蔵庫に向かっていった。
「あぁ~ん、おーいすぃ~~。」
バーバレラの声が冷凍庫に木霊する・・・



ちなみにリーンベルが元に戻されたのはそれから丸一日後のことだった。
彼女が盛大に風邪をひいてしまったのはいうまでもない。
スポンサーサイト
[PR]

« Previous Entry Next Entry »

「リクその1 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「リクその1 」へのトラックバック

http://nanatsukisarasa.blog67.fc2.com/tb.php/103-fcfa129d

ついたー

冷やしtwitterはじめました。

プロフィール

七月

Author:七月
七月(ななつき)といいます。
固体少女様にて稚拙な文章を投稿させたりなんかしていただいてます。
時間がありましたら暇つぶしにでも見てやっていただけるとありがたいです。

好きな漫画(ラノベ)、アニメ:魔法少女リリカルなのはシリーズ、ながされて藍蘭島、とある魔術の禁書目録、C3、ソウルイーター

好きなゲーム:東方project、夜明け前より瑠璃色な、BALDRSKY、SO3、SO4、サモンナイト3

最近好きなアニソン(ゲーソン):沈黙の空、jihad(BALDRSKY)、only my railgun(とある科学の超電磁砲)、Refrain(プリンセスうぃっちぃず)
連絡などございましたら以下のメールフォームへ
http://form1.fc2.com/form/?id=490964

ただ、僕は結構メールを放置する癖があるので、もし連絡が遅くなったらごめんなさい。

入室情報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。