FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタメルロワイヤル 間章1「余興」

時刻はゲームが始まって約1日が過ぎたころ
参加者達がタイムリミットにより篩いにかけられ、6割をきった時
このゲームの始まりの地である校舎の一室に、二人の人物がいた。
二人ともフードを深く被っており顔は見えないが、一人はやや大きめの体格、もう一人はやや小柄な体格であった。
今、その小柄なほうはカプセルの中に入っていた。
といってもこれからこの人物が固められるというわけではなく、これはこの人物の映像を他のカプセルへと移しているのだ。
やがてそのカプセルが開き、中から小柄な人物が出た。
「おつかれだったな【女王】。」
【女王】と呼ばれた小柄な女性はもう一人に向って言う。
「そなたこそ現在生き残っている参加者ほぼ全員分のカプセルを飛ばしたのだ。
疲労はたまっておるだろうよ、【聖人】よ。」
「なあに、このくらいはどうということはない。」
【聖人】と呼ばれた大柄な男性は笑みを浮かべながら言った。
そんなことを言って息を切らしていたが。
その時、ガラガラと扉の開く音がした。
入ってきたのはやはりフードで全身を覆っている2人の人物だった。
「おや、終わりましたか。」
「おわったの?【おんなおお】、【せいひと】。」
「【魔人】と【精霊】か。
ああ、こちらはつつがなく終了した。」
【女王】が言った。
「だが、さすがに疲れたな。少々休ませてもらう。」
「俺もそうしよう。」
「そうするといいでしょう。
どうせなら特等席で休まれては?」
【魔人】は【女王】と【聖人】に言った。
「特等席とはなんだ?」
「いまからおもしろいことをやるんだよ。
だからそれをみながらやすむといいって。」
【精霊】が言う。
「あたいもそれにさんかするんだ。
あたいのさいきょーさにほれんなよ!」
ビシイ
と【精霊】がポーズを決めていたが皆無視した。
「で、なにをやるんだ?」
【聖人】は【魔人】に聞いた。
やがて【魔人】がその内容を口にする。
「ほう・・・」
「ふむ・・・」
【女王】と【聖人】は同じことを思った。
「「それは面白そうな余興だ」」



やがて【女王】たちはとある部屋に入った。
その部屋には座り心地のよさそうな椅子が大量に配置されていた。
そしてその椅子に座れば大きなガラスの窓越しに、まるで体育館のような広い部屋が階下に見渡せた。
そしてそこにぽつんとおかれる一つの像。
それはこのゲーム第一の被害者となった遠坂凛のブロンズ像であった。
「あれはお前がやった奴だったか?【聖人】?」
【女王】が【聖人】へと尋ねる。
「ああ、こういうのを見せてやるのが現実を知らせるのに手っ取り早いと思ってな。」
「全くそなたは血の気が多いな。」
【女王】はクスリと笑った。
そして階下の光景を見る。
部屋の中心に一つのブロンズ像。
その周りにはいくつかの装置が置かれていた。
そしてそのすぐ近くにいるのが【妖精】と
「【淑女】か。」
やがて、【淑女】が機械に触れると眩い光が凛を包み込んだ。
「さて、始まりますよ。」
【魔人】は心底楽しそうに笑う。
「楽しい余興です。」



突然凛の意識は覚醒した、
その眼には光が宿っており、肌ももはや暗緑色をしておらずもとのキレイな肌色にもどっていた。
「いったい・・これは・・・」
凛は咳き込みながら記憶をたどる。
「確か私はカプセルに閉じ込められて・・・」
「そう、ブロンズ像になっていたのよ。」
「誰っ!」
凛が声の方向を見るとそこにはフードを被った人物が1人。
「そして今度は私のコレクションになりなさい。」
そういって【淑女】はゆっくりと凛に歩み寄った。
「な、なにをいってるのよ。」
凛は【淑女】に対して身構えた。
すると【淑女】は歩みを止める。
「ああそういえば、まだ自己紹介をしていませんでしたわ。」
ブワッ
っと一気にフードがはがされた。
「妖魔シャコーカイですわ。」
その体に無数の貝が張り付いている、およそ人間とは思えない女性、シャコーカイは言う。
「どうぞよろしくお願いいたします!」
やがてその体中の貝から緑色の液体が噴出された。
それは凛に勢いよく降りかかった。
「きゃあっ!」
凛は両手で体を庇うような体制でそれを浴びてしまう。
そして凛は気づく。
その液を浴びたところから徐々に体の感覚がなくなっていくことを。
「これは・・・」
一度味わった感覚。
自分の体が無機的なものへと変化していく感覚。
自分が、蝋人形へと変わっていく感覚。
「あ・・ああ・・・」
首から下はもう完全に蝋で固まってしまい、動くことは出来ない。
やがて蝋は凛の顔にまで達する。
口が固まり、鼻が固まり、最後に目が蝋に包まれて
凛は完全な蝋人形と化した。



「あらあらあっけない」
【淑女】は蝋人形と化した凛へと近づいた。
そしてその淡い緑色に染まった頬に手を添える。
「でもやはり美しいわ。元々美しいかったあなたがさらに美しく慣れたのだから感謝して欲しいわね。」
【淑女】はそういって凛の肢体をなでた。
蝋人形と化した凛はそれに抵抗することも出来ず、ただそこに佇んでいる。
「ほらほら、つぎはあたいのばんだよ!」
【妖精】が【淑女】に言った。
「あらあら、もう少し楽しみたかったですけど・・・仕方ありませんね。
私が出て行ってからにしてくださいね。巻き込まれたくありませんから。」
「はーい」
やがて【淑女】が部屋から出て行った。
それを見た【妖精】が力を解き放つ。
急激に下がる部屋の温度。
「さあ、さいきょーのあたいのでばんね!」



再び凛の意識は覚醒した。
「くそっ、いったい」
なにが。と思うより早く別のことに気がついてしまう。
「なによこれ、寒い・・・」
自分の周りの温度が先ほどとは比べ物にならないくらいに下がっていた。
部屋を見渡せば所々に霜が下りているのが分かる。
凛は理解する。この凛の目の前にいる人物の仕業であると。
「今度は・・・なによ・・・」
「ふっふっふー。」
目の前にいた人物がフードを剥ぎ取った。
そこにいたのは青い髪に青いリボン、氷の羽を背中から生やした少女だった。
「あたいはチルノ。さいきょーのようせいよ。」
【妖精】が叫ぶのと同時に膨大な冷気があたりを駆け巡った。
「きゃあっ」
凛の体が薄い霜に覆われていく。
自分の体温が急激に奪われていくのが分かる。
「このままじゃ駄目。」
凛は駆け出した。
どこへ逃げればいいのかは分からなかったがとにかくここにいては危険だと悟った。
そして凛は一直線へ扉へと向けて進む。
「とにかく、この部屋から出ないと・・・」
そんな凛を【妖精】が見逃すわけもなく。
「むー、ちいきょうのあたいからにげるなんて」
【妖精】冷気の力が集まる。
「凍っちゃえー」
やがて取り出される1枚のカード。
「スペルカード!」
そのカードが力を発するために光り輝いた。
「霜符:フロストコラムス」
瞬間、床一面に冷気の力が駆け巡る。
その力は、無数の氷柱を形成しながら床を一瞬で凍らせていく。
そしてそれは凛の所へも及んだ。
「きゃああああああああ・・・あ・・・」
凛も例外ではなかった。
床一面が一瞬で凍ったのと同様。
凛も逃げ出そうとする体勢のまま一瞬で凍り付いてしまった。
眼も口も大きく開き、その手は救いを求めるべく扉に向って伸ばされている。
足も駆け出している途中で見事に凍っていた。
【精霊】はそんな幾本もの氷柱に混じってたたずんでいる凛の氷像をみて満面の笑みを浮かべる。
「あたいってばさいきょーね!」



「どうですか【女王】、【聖人】?」
【魔人】が二人に語りかけた。
「ああ、楽しませてもらった。」
「同感だ。」
「だがな・・・」
【女王】が立ち上がった。
「やはり見ているだけでは物足りんな。」
そういって女王は観覧部屋の扉へと向った。
「【女王】よ、お前もあいかわらず血の気が多いな。」
「そなたも人のことは言えまい、【聖人】よ」
微笑を浮かべながら【女王】は部屋を出て行った。



一方階下の部屋では【妖精】が氷像と化した凛で遊んでいた。
「つるつるひんやり~」
その四肢をぱたぺたと触ったり。
「ぺろぺろ、つめたーい♪」
その胸をなめたり。
そんな時にガラッと部屋の扉が開いた。
「ん?【じょおー】?」
「うむ。【妖精】よ、次は私にやらせてもらえぬか?」
「ん~、いいよ。もうだいぶ遊んだから。」
そういって氷像と化した凛をその場にガランと放り投げると、【妖精】は部屋を出て行った。
「全く、もっと丁寧に扱うよう言って置かねばな。」
【女王】は凛の氷像を抱えた。
「ふむ、美しいな。」
全身を青白い氷の膜に包まれた凛を見て言う。
こういったものこそ我々の標的となるにふさわしい。
そんなことを思いながら【女王】は凛を装置の真ん中に置き、凛の氷像を元に戻すべく装置を操作した。
やがて凛の体に色が戻った。
「けほっけほ・・・」
咳をしながらその場に膝をつく凛。
「さて、これで最後だ。付き合ってもらうぞ、凛とやら。」
「今度は・・・」
なに?という言葉も出せないでいた。
凛は再び襲い掛かるであろう恐怖に打ちのめされている。
「やはり良いな。美しいものが恐怖と絶望に包まれている瞬間。
この瞬間こそが最も美しい。
そして・・・」
【女王】の瞳が輝いた。
「我が石像となる瞬間もまたしかり。」
「いやっ・・いやっ・・」
凛の視界はその光に包まれる。
そして凛の体が石になってゆく。
もはや凛に抵抗する気力はない。
「いや・・・石になんて・・・」
ただ、絶望し自分が石になっていくのを見やるだけだった。
「なりたく・・な・・・」
絶望の表情のまま、凛は石になる。
最後に石となった頬を一滴の涙が伝ったが、それもすぐに消えた。
完全なる石像。
凛の最後の姿。
「ああ、いいな。すばらしい。」
【女王】は歓喜に身を躍らせる。
石像と化した凛を抱き寄せて。
愛しそうにその体をなでながら言う。
「全くこの世界はすばらしい。」



「さて、余興も終わりましたし。今後について話しましょう。」
【魔人】が話し始める。
「まずは残り人数ですが54人ですね。まあちょうどいい数ではないでしょうか。」
今この場にいるのは【女王】【聖人】【妖精】【淑女】【騎手】そして【魔人】の6人だった。
「だが約半数の参加者にこの5つのエリアは広すぎる。」
【聖人】が言う。
「そうですね。なのでいくつかエリアを封鎖しましょう。エリアが狭くなればその分参加者同士の遭遇率も増えるでしょうしね。」
つづけて【魔人】が言った。
「あとは、回収されなかった金の針は2つですね。金の針は使用時に二つ以上持っていれば同時に消えるようになってましたから、純粋に後2つどこかの宝箱に入っているというわけです。」
「それもまた面白くなりそうではないか。場所は把握しているのか?」
【女王】が言う。
「ええもちろん。」
笑みを浮かべて【魔人】が言う。
【女王】も釣られて微笑んだ。
「そうか、ならばまだまだ楽しめそうだな。」
「退屈ならあなたも【闇】みたいにゲームに混じればよかったではありませんか。」
「ふん、私が行っては私が強すぎて話にならん。弱いながらも全力を尽くしてつぶしあう姿が見ていて気持ちよいのだ。」
「ふふふ、あなたらしいですねえ。
さて、それではまた運営の仕事を再開しましょうか。
その楽しいゲームのために。」
そういって運営者達は各々散っていった。
【女王】も部屋を出て行く。
そのとき【女王】はこのゲームのことを考えていた。
「誰がこの世界を用意したのかは知らないが・・・」
【女王】の顔に笑みが浮かぶ。
「ここは全くいい世界だ。
感謝しなくてはな、我々にこの役割を与えてくれたものに。」
そういって【女王】は部屋を後にした。



この後もゲームは続いていく、
ゲームはまだ、ようやくターニングポイントを過ぎようとしているあたりのことだ。
スポンサーサイト
[PR]

« Previous Entry Next Entry »

「カタメルロワイヤル 間章1「余興」 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「カタメルロワイヤル 間章1「余興」 」へのトラックバック

http://nanatsukisarasa.blog67.fc2.com/tb.php/215-e8025884

ついたー

冷やしtwitterはじめました。

プロフィール

七月

Author:七月
七月(ななつき)といいます。
固体少女様にて稚拙な文章を投稿させたりなんかしていただいてます。
時間がありましたら暇つぶしにでも見てやっていただけるとありがたいです。

好きな漫画(ラノベ)、アニメ:魔法少女リリカルなのはシリーズ、ながされて藍蘭島、とある魔術の禁書目録、C3、ソウルイーター

好きなゲーム:東方project、夜明け前より瑠璃色な、BALDRSKY、SO3、SO4、サモンナイト3

最近好きなアニソン(ゲーソン):沈黙の空、jihad(BALDRSKY)、only my railgun(とある科学の超電磁砲)、Refrain(プリンセスうぃっちぃず)
連絡などございましたら以下のメールフォームへ
http://form1.fc2.com/form/?id=490964

ただ、僕は結構メールを放置する癖があるので、もし連絡が遅くなったらごめんなさい。

入室情報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。