FC2ブログ

クラインさんマジパネエッス

「くらえ、最強呪文! いしになぁれ~♪」
杉並が変な呪文を唱えた瞬間。
パキ……パキパキッ……
「え?」
「何これ~?」
「まさか……こんなふざけた呪文で……」
3人の足が冷たく硬い、石に変化していた。
「ふははははっ、ゆっくりと石になっていくがいい」
「ふん、舐めないで……」
笑い声を上げる杉並に向かって杏が
「完全に石になる前にあなたを倒せば……」
「おっと言い忘れていたが……」
ピキピキピキッ
「えっ?」
ピキィン
急速に杏の石化が進み、杏はあっという間に石像になってしまった。杏は衣服も砕け散り、生まれたままの姿でぽかんとした表情で立ち尽くしている。
「石化の進行は俺の思い通りに出来る」
「杏っ!」
「杏ちゃん!?」
「…………」
石像と化した友人の名を呼ぶが、当然返事は無い。
パキパキ……
どんどん石化は進行していく。
「ううっ……」
「ああっ……」
小恋と茜の服も砕け散り、二人とも全裸になってしまった。
「ふははははっ、雪村一人では寂しかろう。二人とも石像になったら、雪村の隣にならべてやろう」
「そ……ん……」
「あ……」
パキィンッ
と、音を立て、小恋と茜も完全な石像になってしまった。
「ふはははは、他愛も無いな」
杉村は目の前の3体の石像に語りかける。当然石像たちは杉並の言葉に何の反応も見せず、ただただそこに立っているだけだ。
「ふふ、貴様らも俺のコレクションのとして大事に扱ってやろう」
そう言って杉並は家来達に石像を運ばせた。
そして保管庫にはたくさんの石像郡にまじって、仲良く3体の石像が保管される事となったという……


彼女達の冒険は終わってしまった。



>最初に戻る

スポンサーサイト
[PR]

« Previous Entry Next Entry »

「クラインさんマジパネエッス 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「クラインさんマジパネエッス 」へのトラックバック

http://nanatsukisarasa.blog67.fc2.com/tb.php/268-2dcae6a0

ついたー

冷やしtwitterはじめました。

プロフィール

七月

Author:七月
七月(ななつき)といいます。
固体少女様にて稚拙な文章を投稿させたりなんかしていただいてます。
時間がありましたら暇つぶしにでも見てやっていただけるとありがたいです。

好きな漫画(ラノベ)、アニメ:魔法少女リリカルなのはシリーズ、ながされて藍蘭島、とある魔術の禁書目録、C3、ソウルイーター

好きなゲーム:東方project、夜明け前より瑠璃色な、BALDRSKY、SO3、SO4、サモンナイト3

最近好きなアニソン(ゲーソン):沈黙の空、jihad(BALDRSKY)、only my railgun(とある科学の超電磁砲)、Refrain(プリンセスうぃっちぃず)
連絡などございましたら以下のメールフォームへ
http://form1.fc2.com/form/?id=490964

ただ、僕は結構メールを放置する癖があるので、もし連絡が遅くなったらごめんなさい。

入室情報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード